Taniumアーキテクチャ

これまでにないスピードとスケールに隠された秘密

もうすでに古くなったアーキテクチャ。これこそがレガシーなツールのスピードと拡張性を阻む根本原因です。Taniumの特許取得済みエンドポイント通信アーキテクチャは、従来の方式に比べ、エンドポイントのデータを1万倍高速で収集し、対処することができます。しかも、対象となるエンドポイントの規模が拡大しても、そのスピードが低下することはありません。

従来の方式

高いコスト、拡張性の限界

階層的なアーキテクチャで、エンタープライズネットワーク全体のクエリを正確に転送し、データを集約し、ソフトウェアを配布するためには、数十から数百台ものセカンダリサーバーが必要となります。

脆弱なインフラストラクチャ = 不完全な結果

数十あるいは数百台ものセカンダリサーバーが必要となれば、障害点も発生しやすく、すべてのエンドポイントからの完全なデータ収集は非常に困難になります。

数時間から数週間、遅い反応速度

セカンダリサーバー経由でセントラルサーバーがデータを収集する場合、データベースに負荷がかかり、また遅延の原因となるWANのトラフィックに依存するため、著しいボトルネックが発生します。

従来のツールの場合
23
18
時間
45

08

Taniumの方式

最小のコスト、容易な拡張性

Taniumの優れたアーキテクチャは、既存のインフラストラクチャを追加することなく、数百万台ものエンドポイントに容易に対応が可能、劇的にコストを削減できます。

弾力性に富んだインフラストラクチャ = 完全な結果

頻繁に変わるエンドポイントに対応するようデザインされたTaniumは、ネットワーク上のエンドポイントから毎回99%以上の応答を確実に得ることができます。

秒単位の応答時間

データ集約と配布を遅延の少ないLANトラフィック上で分散して実施、極めて高いスピードとパフォーマンスを実現しています。

Taniumの場合
15